So-net無料ブログ作成

ラ・フォル・ジュルネ・エリアコンサート [音楽]

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2009エリアコンサート015月3日。
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 「熱狂の日」 音楽祭2009 エリアコンサートを聴きに行きました♪

へなちょこブロガーなので、
本丸(東京国際フォーラム)には乗り込みません。
周囲をちょろちょろしてるだけです♪(≧▽≦)b
有料プログラムは片っ端からチケットが完売してるし・・・

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2009
http://www.lfj.jp/lfj_2009/
エリアコンサート
http://toonweb2.sakura.ne.jp/lfj2009area/

~プログラム~

寺沢希美さんのヴァイオリンと河地恵理子さんのピアノのコンサート
16:30-17:00 丸ビル1階マルキューブ
http://toonweb2.sakura.ne.jp/lfj2009area/artist/nozomi_terasawa/

ドゥオール(duo)のコンサート
17:00-17:30 新丸ビル3階アトリウム
http://toonweb2.sakura.ne.jp/lfj2009area/artist/deuor/

井上圭子さんのオルガンと掛橋佑水さんのヴァイオリンのコンサート
18:00-18:30 丸ビル1階マルキューブ
http://toonweb2.sakura.ne.jp/lfj2009area/artist/keiko_inoue/
http://toonweb2.sakura.ne.jp/lfj2009area/artist/yumi_kakehashi/

迫間野百合さんのヴァイオリンと鈴木優人さんのピアノのコンサート
19:00-19:30 丸ビル1階マルキューブ
http://toonweb2.sakura.ne.jp/lfj2009area/artist/noyuri_hazama/
http://toonweb2.sakura.ne.jp/lfj2009area/artist/post_19/

★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜
 
のだめカンタービレ♪ワールド01丸ビル到着は15時過ぎ。
まずは、丸ビルホール(丸ビル7階)で開催されている、
「のだめカンタービレ♪ワールド」を鑑賞。
時間が無いからざざぁ~っと駆け足で。
コミックスの表紙とそのなかからのイラストのパネル展示や取材風景がメイン。読んだ事無いからなんともいえないけど、おお~、へぇ~、ふ~ん。なにっ!?って感じ。(そもそも漫画を読む習慣が無い。。。)
今秋放送予定のアニメ続編や来年公開予定のドラマの映画版のヒントがこの中に・・・
漫画の原画というか下絵の展示も。
サラサラって感じだけど、やっぱり上手い。
とても期待していたのはのだめのゴミの部屋の再現。
おっ、ベッドの上にキノコ。
おっ、プリごろ太!(* ̄m ̄) ププッ
でも、もっと凄いものを期待してたんだけどな~ちょっと拍子抜け・・・ (何を期待してたんだ???)
確かにコミックのイラスト(パネル展示されてた)を見事に再現しているのだが、綺麗なところに作り上げたという感じ。ドラマののだめ部屋はかなり強烈だったので、小さくまとまっちゃったって感じ。
催事場、それも丸の内の一等地だから、そんなにこ汚いものは出せないか。。。(^_^;)
お、コンクルでのだめが着たドレス。綺麗かドレスやね~ヾ( ̄ー ̄)ゞ

のだめカンタービレ♪ワールド02

のだめワールドを終え下りてくると、既に寺沢希美さんのリハが始まっていた。
以前からちょっと気になっていた方で、
機会があれば、是非、生で見たい!生で聴きたい!と思っていました。
小柄でとても可愛い女の子♪
しかも、細い!!手足が細く長く、綺麗。しなやかという表現がぴったり。

リハのときはミニスカート、本番は白いドレス。背筋が伸びていて姿勢が良い。リハのときの姿が、エドガー・ドガのブロンズ像のバレエの女の子とだぶった。上からすぅ~っと引っ張られるように伸びていく感じ。(図版を載せようかとも思いましたが、印象派関連の図録がいっぱいありすぎて探すのが大変なのでやめました。)
さて、本番。寺沢さんは白のドレス、ピアニストの河地恵理子さんは薄紫色のドレス。まさに藤色♪
本番での登場時、リハから見ていた人たちを中心に、
「おぉ~!」「可愛い~!」「綺麗~!」との歓声♪(※私もその一人です♪(≧▽≦)b)
1曲目はバッハのゴールドベルク変奏曲だったかな。(記憶が曖昧。。。)
透き通るような綺麗な音色♪ とても優しい。心が洗われる。
馴染みのある曲、初めての曲、オリジナル曲、あっという間の30分♪
(※公式サイトに当日の画像があります。)
公式サイトをチェックすると、06年の東京国立博物館のお正月コンサートで演奏されたようです。
5日には上野の森美術館でも。都美の日本の美術館名品展や東博の阿修羅展の招待券があるので、それも兼ねて上野に行けばよかったかな~ちょっと後悔。。。(^_^;)

モーツァルト

モーツァルト

  • アーティスト: 寺沢希美,モーツァルト
  • 出版社/メーカー: アート ユニオン
  • 発売日: 2006/11/22
  • メディア: CD


バラ01~新丸ビルにて  バラ02~新丸ビルにて

次は新丸ビル。
エスカレーターが故障していて、エレベーター前には長蛇の列。。。Σ(ヾ ̄▽ ̄)ヾ!!
階段を捜し、2階からエスカレーターで3階へ。
ピアノ・デュオのユニット「ドゥオール」による演奏。
コンサートは既に始まっている。かなり後ろの方からだけど鑑賞♪
時折、隙間から二人の顔がちょろっとだけ見える。演奏中の手元が見たかったのでちょっと残念。
でも、素敵な演奏にはうっとり。見えないぶん音に集中できたともいう。ヾ( ̄ー ̄)ゞ
演奏中の画像はこちら(http://toonweb2.sakura.ne.jp/lfj2009area/news/post_34/

バラ03~新丸ビルにて  バラ04~新丸ビルにて

再び丸ビルへ。
井上圭子さん掛橋佑水さんのコンサート。
既にリハが始まっていた。この日鑑賞した中では唯一のオルガン演奏
バッハはG線上のアリアとアヴェ・マリアの2曲。オルガンの響きってやっぱり凄い!!
ヴィヴァルディの四季はとても格好よかった!
掛橋さんのヴァイオリンはとてもしっかりとした音。大人の女性の落ち着いた演奏にうっとり♪
スマップの「世界に一つだけの花」も演奏。ヴァイオリンの奏でる綺麗な音色とオルガンの響きにうっとり。これを聴いちゃうと、あの人たちの歌唱力の酷さに言葉を失う。(ジャニーズ嫌いを差し引いても、あの人たちのどこが良いのかさっぱり理解できない。何故あの人たちの曲がそこまで売れるのか本当に不思議でしょうがない。。。)

アランフェス・ファンタジー

アランフェス・ファンタジー

  • アーティスト: 井上圭子,ブラームス,ショパン,ファルカシュ,ロドリーゴ,ガーシュウィン,ヴィラ=ロボス,メシアン,バッハ,ラフマニノフ,グリーグ
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 1998/10/21
  • メディア: CD


バラ05~新丸ビルにて

ラストは、迫間野百合さん
昨年、桐朋学園大学オーケストラのコンミスを務めた方だそうだ。小柄でとても可愛い♪
サイトのプロフィール画像よりも大人びていて落ち着いた印象。
キラキラと光る青いドレスがとてもよく似合う素敵な女性。
バッハとブラームス。ブラームスの雨の歌、そして、アンコールにバッハのアヴェ・マリア♪
ちなみにアヴェ・マリアは寺沢さんも演奏されていたので、この日この場所で3回目。
弓の使い方がとても綺麗♪
しっかりした低音から繊細で伸びのある高音までとても綺麗な音。
うまく言い表せないが、何か心に響くものがあり、ブラームスの後半から涙ぐんでしまった。。。
※立ちっぱなしで足の裏が痛かったからではない。
アンコールでいっぱいいっぱいに。
もう1曲あったら確実に泣いてたね・・・(^_^;)

バッハのほかにもヘンデルやモーツァルト等いろいろ聴くことができとても楽しかった♪
寺沢さんと迫間さんのファンになりました!(^_^)/

★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2009エリアコンサート024月29日の荒絵理子さんのオーボエと石川悠子さんのピアノのコンサート新倉瞳さんのチェロと石川悠子さんのピアノのコンサートも行きたかったのですが・・・

荒絵理子さんは昨年のサイトウ・キネン・オーケストラに参加されていた方だと思います。
昨年のサイトウ・キネン・オーケストラ・コンサート(司会:高橋美鈴さん、解説:宮本文昭さん)は録画してあるので、後で確認してみます。
おっ、荒絵理子さんのブログ、曽根風呂だっ!
キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー
新倉瞳さんは以前ベスクラ・コンサートの記事の時にちょこっとだけご紹介させていただいた方です。(べスクラ・コンサートが配信されていた頃、のだめ特集も開催されていた。ドラマのものかアニメのものかはわからないが、そこで使用された曲の配信。当時、のだめは名前しか知らなかったので、普通に好きな曲をピックアップして楽しんでいました。)
そうそう、ちょうどこの日から新倉さんが出演されるTVCMも始まりました♪(1度だけ見た!)
荒さん新倉さんともにピアニストの石川悠子さんとの演奏。石川さんは「丸ビル35コンサートアンサンブル・シリーズ」のプロデュース及び演奏をされている方だそうだ。ここはいわゆるホームということになるのかな。
http://toonweb2.sakura.ne.jp/lfj2009area/artist/eriko_ara/
http://toonweb2.sakura.ne.jp/lfj2009area/artist/hitomi_niikura/
http://toonweb2.sakura.ne.jp/lfj2009area/artist/yuko_ishikawa/


トロイメライ~癒しのチェロ

トロイメライ~癒しのチェロ

  • アーティスト: 新倉瞳,シューベルト,メンデルスゾーン,シューマン,C・シューマン,ブラームス,ショパン,バッハ,クライスラー,マスネ,鈴木慎崇
  • 出版社/メーカー: EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
  • 発売日: 2008/12/17
  • メディア: CD



結局、エリアコンサートは4本とも立ち見。
もちろんリハも。

前記事でご報告しましたように、これに先立ち、国立新美術館で開催されているルーヴル美術館展と山種美術館で開催されている桜さくらサクラ展を鑑賞しました。
さすがに一日中歩きっぱなしの立ちっぱなしはキツカッタですが、
とても充実した時間が過ごせました♪

芸術鑑賞というと一見優雅なものに感じられるかもしれないが、
座りっぱなしというのもそれはそれで辛いものがあるし、立ちっぱなし歩きっぱなしはかなり辛い。
結構、体力勝負なのかもしれない。。。

えっ、こんな無謀なスケジュールを組むのは私だけ!? (/ー\*) イヤン♪

皇居のお堀にて
うんうん、優雅に見えるかもしれないけど、結構大変なんだよね。。。ヾ( ̄ー ̄)ゞ


丸ビル



新丸の内ビルディング



ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2009エリアコンサート03
イベントガイド、プログラムガイド、ラ・フォル・ジュルネ・デザインのキャンディー♪(^_^)

素晴らしい演奏をする人はたくさんいる。
素晴らしい曲もたくさんある。
しかし、それが必ずしも自分の心に響くとは限らない。
その時の気分や体調によって、
自分の感覚にナチュラルにフィットしてくるものというのはそう多くはない。
特に私のような気分屋で、しかも生の音を聴く機会が少ない者には。
コンサートの前に美術館に行ったりいろいろなものを撮ったりしたことで
感受性が豊かになっていたからかもしれないが、
今日は自分の中にすぅーっと入ってくる瞬間が何度もありとても心地よかった♪

至福の時。

最高の一日。

nice!(18)  コメント(16)  トラックバック(0) 

nice! 18

コメント 16

ヒデキヨ

りゅうさん

はじめまして。
情報量のとても多い記事ですね。凄いです!
ラ・フォルは僕も行きましたが今年は1日だけ。笑

>コンサートの前に美術館に行ったりいろいろなものを撮ったりしたことで
>感受性が豊かになっていたからかもしれないが、

この感性、とても素晴らしいです。
by ヒデキヨ (2009-05-12 00:10) 

ぽんこ

りゅうさんのホロリ(;.;)となった姿、みてみたかった。
やっぱり生はいいですよねー。ナマ。
by ぽんこ (2009-05-12 11:21) 

R-Month_雅

いつも色々と参考になります。
りゅうさんの記事見て毎回思うんですけど、これだけの量を書いて、しかもところどころ色を変えて、写真も挿入して、と自分と違ってマメに作られてますけど、これだけの書くのどの位かかるんですか?

by R-Month_雅 (2009-05-12 20:55) 

りゅう

○ヒデキヨさん、はじめまして。nice!&コメントありがとうございます(^o^)丿
私も一日だけ、しかも周辺コンサートのみでしたが、
素敵な演奏で心地よい時間を過ごすことができました♪
情報量が多いというかうまくまとめられないというか。。。(^_^;)
まぁ、書きたいときに書きたいことを書きたいだけ書くということで。(^_^)

○ぽんこさん、nice!&コメントありがとうございます(^o^)丿
やっぱり、生ですよね~♪ナマなま♪(・_・)/ハッ。
ぽんこさんもホロリと。。。(^_^)

○R-Month_雅さん、nice!&コメントありがとうございます(^o^)丿
書きたくないときは全く書きませんが、
書きたいモードのときはいくらでも書けちゃいます♪(≧▽≦)b
私の場合、鑑賞中や帰りの電車の中で勝手にレイアウトが浮かびます。
まずは画像の整理。画像データを用意しているうちに頭の中で文章はほぼ出来上がっているので、メモ帳を開いた時には単純な打ち込み作業と化しています。(曽根風呂の保存ボタンはロシアンルーレット並みのスリルがあるので、メモ帳で。そのため絵文字をほとんど使いません。)
最後に文字装飾とリンクを挿入してから整えておわり。作業を単純化していますし、打ち込みは早い方なので、意外と時間は要していません♪ヾ( ̄ー ̄)ゞ
この記事は前記事と一緒に作りました。
あれは写真並べただけですしね。(* ̄m ̄) ププッ

○ひめさん、はじめまして。nice!ありがとうございます(^o^)丿

○yukitanさん、nice!ありがとうございます(^o^)丿

○イリスさん、nice!ありがとうございます(^o^)丿
by りゅう (2009-05-13 22:12) 

TaekoLovesParis

ラフォールジュルネは一昨年、友達が一生懸命チケットをとってくれたので、2演目聴きましたが、チケットとりが大変みたいですね。
今年、バッハなので、1ヶ月くらい前に申しこもうと思ったら、もう完売でしたもの。「エリアコンサート」、こういうのがあるとは知りませんでした。今、新しいおしゃれなビルが続々できている丸の内、(フォーラムの隣は丸の内ですね)、ここで立ち見ででも演奏が聴けたのはよかったですね!かまえて聴くよりも何気ないときの方が心に響いたり、って経験、私もあります。
一輪の花の写真4枚、気品があって、りゅうさんが演奏をきいていたときの心象風景のようですね。
by TaekoLovesParis (2009-05-14 22:13) 

りゅう

○TaekoLovesParisさん、nice!&コメントありがとうございます(^o^)丿
今年の有料公演のチケット販売率は約95%だそうです・・・(@_@)
みなさん、有料無料いろいろハシゴされていたようです。
毎回、リハからたくさんのお客さんがいましたが、本番直前になるとお客さんがどど~っと押し寄せてきて圧倒されました!(何百人いたんだろう?)
マルキューブ吹き抜けは上からもたくさん拍手のシャワーが降り注ぎ、
エリアコンサートのお客さんはとっても温かかったです♪(^_^)
新丸ビル内にバラの花がいっぱい飾ってあり、
それぞれ名前がありましたがすべて忘れました・・・(^_^;)

○U3さん、はじめまして。nice!ありがとうございます(^o^)丿

○Zunkoさん、nice!ありがとうございます(^o^)丿

○うさこさん、nice!ありがとうございます(^o^)丿

○pistacciさん、nice!ありがとうございます(^o^)丿
by りゅう (2009-05-15 22:54) 

kumimin

わ!「熱狂の日」行ってきたんですね=^^=
毎年、行きたいって思うのですが違う所に出かけてしまい今年も大阪に帰っていたので行けませんでした。
チケットもいつも売り切れですよね(- -)
来年は行こうかなあ♪
by kumimin (2009-05-16 16:12) 

laysy

りゅうさん〜忙しいスケジュールだったんですね!
それでも、しっかりレポートを書かれて素晴しいです!
私も、のだめのお部屋とドレスが見たかった〜
演奏会も沢山あったんですね〜都会は良いですね〜
薔薇の花もとても美しくて…どんな香りだったのかな〜
これからも展覧会や演奏会のレポートを楽しみにしてます。
それにしても…白鳥さんの写真で〆るなんて…
優雅に見せるためには水面下での激しい動きがあるんですよね。
何事も体力ですね…鍛えなくては!
by laysy (2009-05-16 16:29) 

りゅう

○kumiminさん、nice!&コメントありがとうございます(^o^)丿
エリアコンサートの後、東京国際フォーラムへ流れる人がいっぱいいました。
大部屋あたりはまだチケットがありましたが、
エリアコンサートで満足して帰ってきちゃいました♪(^_^)
体力的にもかなり厳しかったですしね。
来年はショパンだそうです♪(^_^)

○laysyさん、nice!&コメントありがとうございます(^o^)丿
強引なスケジュールを組んでしまいました。。。(^_^;)
のだめ部屋ではピアノコンサートが開催されたそうです。
作品中に登場したピアノ曲の生演奏とのことです。
ゴミの部屋で美しく響く・・・(*_*) アチャ!

○西尾征紀さん、nice!ありがとうございます(^o^)丿

○shinさん、nice!ありがとうございます(^o^)丿
by りゅう (2009-05-17 20:25) 

りんこう

このイヴェントはまだ行ったことが無いのです。
今年はバッハでしたが来年はやはりショパンですね。ショパンイヤーですから。
芸術鑑賞は体力勝負は同感です。
僕も無謀なスケジュール組んでますんで、安心(?)してください。

by りんこう (2009-05-17 23:01) 

いっぷく

芸術を食べて生きているりゅうさんが疲れるとは。
記事を書く流れを読んで感心。
書き慣れてる人なんだなって。
by いっぷく (2009-05-17 23:14) 

りゅう

○りんこうさん、nice!&コメントありがとうございます(^o^)丿
今年は規模の縮小に伴い有料公演が減ってしまいましたが、
その分無料のエリアコンサートが増えたようです。
とても楽しいイベントでした♪(^_^)
来年はショパン、これまた激しいチケット争奪戦が予想されます。
やはり体力勝負ですね!(^_^)/
私は気の向くままにエリアコンサートへ。。。(=^^=) ニョホホホ

○いっぷくさん、nice!&コメントありがとうございます(^o^)丿
一度に食べ過ぎて、ちょっと胃もたれが・・・(^_^;)
やはり腹八分目で毎日楽しむのが理想的ですね!(≧▽≦)b
記事数はかなり少ないですが、ブログ生活もいつの間にやら4年半となりました。手抜き技が身についてきたようです。。。(^_^;)
by りゅう (2009-05-18 20:43) 

mari

りゅうさん、ご無沙汰しました。
フォルジュルネ、行かれたのですね。
私は昨年まで休みなく言ってました。
今年は、3日4日とワークショップ(参加型研修会)で
ぐったりでした。
小曽根真の演奏は感動モノでしたよ。
年々、チケットは取りにくくなりました。
たいていはプレオーダーで、3か月前からです。

by mari (2009-06-08 01:09) 

りゅう

○mariさん、こんばんは。コメントありがとうございます♪(^o^)丿
初参加してきました♪
といっても、エリアコンサートだけでしたが。。。(^_^;)
チケットの入手は本当に厳しくなりましたが、
ゴールデンウィークに丸の内というのもなかなか面白い企画ですよね♪
小曽根さん、今年も出演されていましたね。井上道義さんも。
実は、東急ジルベスターのラプソディ・イン・ブルー、録画してあります。
久しぶりに見てみようと思います♪ヾ( ̄ー ̄)ゞ
by りゅう (2009-06-08 20:38) 

naonao

のだめの部屋の再現って私も観たかったなあ。
マングース君可愛いですね。
トトロに続いてはまりそう(笑)
りゅうさん、トトロとマングース君のほかに可愛い何か持ってますか?
私はいつも後からファンになってるので、次は何だろう?と思います。
by naonao (2010-01-26 23:03) 

りゅう

○naonaoさん、nice!&コメントありがとうございます(^o^)丿
「のだめカンタービレ♪ワールド」、残念ながら会場は撮影禁止でした。。。
のだめのゴミ部屋のピアノでミニコンサートも開催されたそうです。
2010年2月4日から9日まで大丸ミュージアムKOBEで、
「のだめカンタービレ♪ワールド」が開催されるそうです。(^_^)
http://www.daimaru.co.jp/museum/kobe/nodame.html
あ、可愛いものは集めているわけではありませんので。(^_^;)
聞くところによりますと、カピバラさんはなかなか人気があるらしいですよ。
あと、ウェルかめ(NHK)のかめっ太くんやリトル・チャロ(NHK)のチャロも。
by りゅう (2010-01-28 22:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0