SSブログ

ルノワール展 [10展覧会感想]

乃木坂の国立新美術館で開催されていた「ルノワール~伝統と革新」展を観に行きました。
「柔らかな筆づかいの愛らしい女性像や豊麗な裸婦像で知られる、印象派の巨匠ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841-1919)。『幸福の画家』として世界中で親しまれるルノワールは、絵画の伝統を踏まえながらも常に新たな表現を模索し続け、近代絵画史に大きな足跡を残した偉大な革新者でもありました。
本展では、画家の代名詞ともいうべき女性像や裸婦像のほか、風景画や静物画、装飾画にも取り組んだルノワールの豊かで幅広い芸術の全容を、ボストン美術館やワシントン・ナショナル・ギャラリー、オルセー美術館をはじめ、国内外の主要コレクションから集めた約80点をとおして紹介します。
さらに、優れた印象派コレクションで知られるポーラ美術館の協力により、最新の光学調査をもとに画家ルノワールの技法を解明し、ルノワールの絵画の新たな魅力に迫ります。(チラシより)」


ルノワール展01 ルノワール展02

~展示構成~
第Ⅰ章:ルノワールへの旅 第Ⅱ章:身体表現
第Ⅲ章:花と装飾画 第Ⅳ章:ファッションとロココの伝統
 
《アンリオ夫人》(ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵)《アンリオ夫人》(ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵)は大きな目と柔らかい表情がとても印象的な女性。色合いも柔らかく背景に溶け込んでいる。この背景の水色の入れ方が絶妙。モデルのアンリエットはルノワールのお気に入りモデルで駆け出しの女優さんだそうだ。《団扇を持つ若い女》(クラーク美術館蔵)11点描かれた彼女の油彩画のうち、唯一アンリエット自身が所蔵していたものでルノワールが彼女を描いた最後の作品だそうだ。これだけ綺麗に描いてもらえたら手元に置いておきたくなるよね♪
《団扇を持つ若い女》(クラーク美術館蔵)はチラシの表を飾る作品。モデルはコメディ=フランセーズの人気女優ジャンヌ・サマリー。さすが人気女優、凄い美人ですね。大きくてふわふわの帽子が可愛い♪団扇のデザインも爽やかで可愛い。《シャトゥーのセーヌ河》(ボストン美術館蔵)扇子に描かれている人物は三角帽子(笠?)をかぶっている。タータンチェックのジャケットの青色がとても綺麗で見応えがある。後ろの菊の花も立体感があって素晴らしい。
《シャトゥーのセーヌ河》(ボストン美術館蔵)印象派的な要素を持つ写実的な風景画。立体的で奥行きがあり、ドロドロに溶けていない。色の置き方がちょっとモネ風でもあり、《舟遊びの昼食》に通じるものも感じる。ルノワールの風景画で本当に素晴らしいと感じたのはこの作品が初めてかも。(^_^;)

大本命は《ブージヴァルのダンス》♪

《ブージヴァルのダンス》(ボストン美術館蔵)は今回もっとも楽しみにしていた作品。この作品に会うためにこの展覧会に足を運んだようなもの。181.9cm×98.1cmととても大きな作品でビックリ!モデルはユトリロの母としても有名なシュザンヌ・ヴァラドン。当時18歳。ちなみにこの作品が描かれた1883年、彼女はユトリロを出産している!Σ(ヾ ̄▽ ̄)ヾ!!シュザンヌ・ヴァラドン、綺麗です!足元に捨てられているスミレの花束がちょっと意味深。青色、緑色、白色、赤色、黄色、背景も含めとても綺麗な色で見応えがある。もちろん一番見応えがあるのはドレスですけど。展示室の壁紙はベージュで作品の持つ色合いを上手く引き出しているように感じた。
ちょうどこの1週間前にこの作品の版画バージョンを「版画に見る印象派展(埼玉県立近代美術館)」で鑑賞しました♪(^_^)
オーギュスト・ルノワール《田舎のダンス》 《ブージヴァルのダンス》(ボストン美術館蔵) 《田舎のダンス》(オルセー美術館蔵) 《都会のダンス》(オルセー美術館蔵)
《田舎のダンス》(個人蔵)※この作品は展示されていません
《ブージヴァルのダンス》(ボストン美術館蔵)
《田舎のダンス》(オルセー美術館蔵)※この作品は展示されていません
《都会のダンス》(オルセー美術館蔵)※この作品は展示されていません

ルノワール+ルノワール展(http://ryuu.blog.so-net.ne.jp/2008-04-27


ルノワールの描くジュリーちゃんは見応えアリ!

《ジュリー・マネの肖像》(マルモッタン美術館蔵)も今回楽しみにしていた作品のひとつ。モデルはベルト・モリゾの娘、ジュリー・マネ。ルノワールの肖像画でこのような暗い色調の作品を見るのは初めてかもしれない。今にも泣き出しそうな目。とても寂しく悲しい様子が伝わってくる。離れて見ると、立体感があってとても見応えがある。髪の毛の質感も素晴らしい。画面右下は何だろう?ちょっとよくわからないけど、手なのかな???
1892年、ジュリーの父ウジェーヌ・マネが病気で亡くなり、翌93年にも母の長姉、イヴ・ゴビヤールが亡くなっている。(95年には母ベルト・モリゾもインフルエンザで亡くなりジュリーは16歳で孤児になってしまうが、ルノワールは彼女の後見人のひとりとなっている。)
ジュリーはこの作品を手元において大切にしていたそうだ。
同時期に母ベルト・モリゾも娘ジュリーの肖像画を描いている。ジュリーの思いはもちろん、妻としてのモリゾの思いが、そして家族ぐるみで付き合いのあったルノワールの思いが、ジュリーという被写体を通して増幅され、ストレートに表現されているように感じた。
《ジュリー・マネの肖像》(マルモッタン美術館蔵) 《夢見るジュリー》(個人蔵) 《1894年のジュリーと母ベルト・モリゾ》(個人蔵)
【左】 ルノワール《ジュリー・マネの肖像》(マルモッタン美術館蔵)[1894]
【中】 ベルト・モリゾ《夢見るジュリー》(個人蔵)[1894]※この作品は展示されていません
【右】 ルノワール《1894年のジュリーと母ベルト・モリゾ》(個人蔵)[1894]※この作品は展示されていません

《岩の上に座る浴女》(マルモッタン美術館蔵)は2004年のマルモッタン美術館展のときにも鑑賞した作品。そのときは特にこれといった印象は持たなかったが、今回はなかなか興味深く鑑賞♪ルノワールの大好きな豊満な裸婦像だが、晩年の作品とは明らかに描き方が違う。1882年の作品ということで、前年のイタリア旅行でラファエロの作品に刺激を受け、印象派の技法から古典主義の技法へ回帰する頃のもの。滑らかで透明感のある肌の質感がとても素晴らしい。モデルやポーズは晩年のぶくぶくプヨプヨの裸婦像のよう。背景は良くも悪くも大雑把で印象派的。
《泉》(岐阜県美術館蔵)は1910年頃、《泉による女》(大原美術館蔵)は1914年の作品。モデルもポーズもほとんど同じだが、白い布のシワは大きく異なっている。岐阜のものは壁にある泉が古代ローマ風の顔となっており全体的落ち着いた印象を受ける。大原のものは壁がなくなり背景は自然そのもの、開放感がある。この時代の作品はあまり好きではないけど、やっぱり並べてみるといろいろ興味深く面白い。あ、興味深く面白いのは裸だからじゃないよっ!(^_^;)
《岩の上に座る浴女》(マルモッタン美術館蔵) 《泉》(岐阜県美術館蔵) 《泉による女》(大原美術館蔵)
【左】 《岩の上に座る浴女》(マルモッタン美術館蔵)
【中】 《泉》(岐阜県美術館蔵)
【右】 《泉による女》(大原美術館蔵)

《勝利のヴィーナス》(個人蔵)《勝利のヴィーナス》(個人蔵)はパステルで描かれたデッサン。かなり気合の入ったもの。そういえばルノワールのデッサンってあまり見ない気がする。ルノワールお得意の豊満な裸婦だが、意外と軽やか、デッサンだとあまり重たく感じない。主題は「パリスの審判」に由来。《勝利のヴィーナスのトルソ》(呉市立美術館蔵)は上半身のブロンズ。目がとても優しく感じた。《ルーベンス作「神々の会議」の模写》(国立西洋美術館蔵)《ルーベンス作「神々の会議」の模写》(国立西洋美術館蔵)はルノワールの20歳頃の模写。国立西洋美術館の常設展示で何度も観ている作品。昼間、西美の常設で予習も兼ねて観ようとしたら展示されていなくてちょっと残念な気持ちでいたのだが、まさかこっちに来ていたとは。(^_^;

《テレーズ・ベラール》(クラーク美術館蔵)《テレーズ・ベラール》(クラーク美術館蔵)はちょっと不思議な色合いの作品。綺麗だけど。青い大きなリボンと白いレースが印象的な服の少女。それを引き立てる青色と紫色の背景。ドレスの質感も素晴らしい。綺麗な少女だけど背景の色合いもあって、ちょっと物思いにふけっているというか沈んだ印象。《花瓶の花》(ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵)そういえば、背景の処理の仕方が似たような作品を観たことがある気がするけど、イマイチ作品が思い出せない。。。(^_^;)
《花瓶の花》(ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵)は写実的な静物画。上手い!!ぜんぜん印象派っぽくはないけれど。花の、色の、組み合わせ方、配置が素晴らしい。花瓶の質感や光沢も。なんかどっしりとした落ち着きがあって良いなぁ。《縫い物をする若い女》(シカゴ美術館蔵)
《縫い物をする若い女》(シカゴ美術館蔵)は今回とても印象的だった作品。部屋の奥、右上に窓があり、そこから光が差しているのだろう。明るく開放的。花瓶の花も素晴らしい。逆光による女性の光の描写がとても素晴らしい。ちょっとボケボケ感があるが、それがまた湿度、室内の空気を感じさせて魅力的。背景も同系色でまとめられている。モデルの女性は綺麗だけど、この作品ではルノワールは女性をメインとはしていないようにも感じた。どちらかというと、光の描写を描きたかったのではないだろうか。何気ない日常の風景を切り取ったかのようで、女性も花瓶も背景も同等に扱い、構図や捉え方が風景画ように感じた。他の肖像画、女性を描いた作品とはちょっと雰囲気が違う。

《葉と果実の飾りのある若い裸婦》(アサヒビール株式会社蔵)《葉と果実の飾りのある若い裸婦》(アサヒビール株式会社蔵)も装飾的な作品。バーンズ財団所蔵の一対の装飾パネル《カリアティッド》(1910年頃)のうちの1点と同じ構図で描かれており、カーニュのルノワール美術館に本作品の対と思われる作品(オルセー美術館に寄託)が所蔵されているとのこと。この作品の制作年は一応1905年頃となっているが、諸説あるようだ。
《タンホイザーの舞台(第1幕)》(個人蔵)《タンホイザーの舞台(第3幕)》(個人蔵)ワーグナーの楽劇『タンホイザー』を主題としたもの。とても装飾的。図録の解説によるとお城の戸口を飾る2枚の装飾画として注文を受け構想されたものだそうだが、「本作品より前に制作した2枚の装飾画の寸法が戸口に合わなかったため、ルノワールは描き直しを余儀なくされた。したがって、本作品とほぼ同じ構図で寸法がわずかに大きい2点の作品が別に存在する。」とのこと。サイズ計れよっ。(* ̄m ̄) プッずいぶんと不思議な形をしているなぁと思ったら、そういうことだったのか。ヾ( ̄ー ̄)ゞ
《ローヌの腕に飛び込むソーヌ》(松岡美術館蔵)《ローヌの腕に飛び込むソーヌ》(松岡美術館蔵)は大作のための下絵だそうだ。2004年に松岡美術館で鑑賞して以来なので凄い久しぶり。「ローヌ川とソーヌ川の合流にもとづく物語を題材として、ルノワール後期の画風が発揮されている。輝く水と生い茂る草花、生命の喜びを謳歌する男女の河神の姿。そのほとばしるエネルギーが鮮やかな色調と軽やかな筆づかいから伝わってくる。(松岡美術館所蔵フランス近代絵画展の図録より)」とのこと。ルノワールの筆さばきって軽くて速いと思うけど、結構繊細で、ぜんぜん雑に見えないんだよなぁ。画風としてはモリゾと似ている部分が多分にあるのに、この繊細さがルノワールらしさということか。女性のモリゾは結構大胆な描き方をするけど、男性のルノワールは繊細に。画家の性格的な個性なのか、それとも画家が描きたいと思うもの、対象が持つ特徴から導き出されるものなのか。ピカソは例外として、一般的に、綺麗な女性を描きたいと思えば自然と繊細な筆さばきになるのかも。ヾ( ̄ー ̄)ゞ

やはりルノワールの描く少女は素晴らしい!!キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー

《野原で花を摘む娘たち》(ボストン美術館蔵)《野原で花を摘む娘たち》(ボストン美術館蔵)も今回とても楽しみにしていた作品。背景の優しい色合い、綺麗な少女、お洒落な帽子、素敵なドレス、どれをとっても本当に見応えがある。素晴らしい!!モデルはモリゾの娘ジュリーとジュリーのいとこジャニー(ジャンヌ・ゴビヤール)。会場の解説によると、田園風景を描きながらも、そこに最新流行の帽子をくわえることによって近代性を表現しているそうだ。また、伝統的な絵画と同時代性を融合させるルノワールの試みにおいて流行のファッションは重要な役割を担っていたとのこと。
ピエール・オーギュスト・ルノワール《レースの帽子の少女》《レースの帽子の少女》(ポーラ美術館蔵)は大好きな作品で額絵を部屋にも飾っている。この作品を鑑賞するのは2005年の箱根、06年の渋谷に続き3回目。国立新美術館の明るい照明にも全然負けていない。今回は赤外線写真やX線写真も展示されており、なかなか興味深かった。会場の解説によると、この帽子は絹で化粧張りしたものにレースやサテンのリボンで装飾しているらしい。モデルの少女にはジャニーやジュリーの可能性があるようだが、図録の解説によると、「この《レースの帽子の少女》に登場する帽子とよく似たデザインの帽子を被ったジュリーの写真が残されているが、描かれた少女とジュリーの顔立ちの特徴に違いがみられることから、別の少女がモデルとなった可能性も考えられる。」とのこと。私もちょっと違うと思う。(^_^;)私の勝手な想像(妄想)では、ベルト・モリゾ《桜の木》[1891](マルモッタン美術館蔵)に描かれている少女の横顔、ジャンヌ・フルマノワールというモデルさんの顔立ちの方がこの少女に近いように感じる。もしかしたらジャニーのほうがより近かったりして。(^_^;)《花飾りのある帽子》(財団法人池田20世紀美術館蔵)
《レースの帽子の少女》の左にはリトグラフの《花飾りのある帽子》(財団法人池田20世紀美術館蔵)が展示されていた。版画に見る印象派展で鑑賞した《帽子のピン留め》の別バージョン。主題と構図は油彩の《夏の帽子》(大阪展のみ展示)に基づくものだそうだ。この作品では左側の少女はサクランボを手にしている。こちらの作品は全体的に色が薄い。紙のゆがみも無い。版画に見る印象派展の解説によると「画家ベルト・モリゾの娘ジュリー・マネとその姪のポーレット」、左側の女の子はジュリー、右側の女の子は姪のポーレットだそうだ。ポーレットとは、おそらくジャニー(ジャンヌ・ゴビヤール)の姉、ポール・ゴビヤールのことだと思います。ちなみにこの作品、ルノワールの版画作品の中で、完成度が最も高くよく知られた作品だそうだ。

版画に見る印象派展(http://ryuu.blog.so-net.ne.jp/2010-07-05

《赤い服の女》(東京富士美術館蔵)《赤い服の女》(東京富士美術館蔵)は赤い服がとても綺麗。女性の表情も穏やかでとても優しい。いかにしてモデルを引き立たせるのか。ルノワールは肖像画を描くとき、背景の色合いや処理の仕方にも凄く気を使っているように感じた。
《風景の中の三人》(国立西洋美術館蔵)はたぶん初見の作品。もしかしたら一度くらいは鑑賞しているかもしれないけど。西美ってやっぱり凄い。最晩年、1916年の作品。筆裁きや色合いにモネの最晩年の作品にも通じるような気迫や生命力、とてつもないパワーを感じる。色が混じっているので、たくさんの色が使われているように見えるが、実際に使用している色は意外と少ないように思う。深みというか凄みのある作品。

2005年、「愛・地球博」の開催に合わせ、名古屋ボストン美術館で「ボストン美術館の巨匠たち展」が開催された。目玉はルノワールの最高傑作とも呼ばれる《ブージヴァルのダンス》。観に行きたかったけど、スケジュールの都合がつかなかった。とくに「愛・地球博」の影響で宿の手配が。日帰りや夜行バスも考えてはみたものの断念した。(モリゾーも気になったけどね。。。)
でも、このままではちょっと悔しい。そこで白羽の矢を立てたのが、箱根のポーラ美術館で開催されていた「開館3周年記念展 ポーラ美術館の印象派 モネ、ルノワール、セザンヌと仲間たち」。もちろんお目当ては《レースの帽子の少女》
今回、その2点がともに出展!なんという偶然か、因縁か、運命か。あ、大げさ?(/ー\*) イヤン♪
この日は六本木アートナイト2010の開催に伴い、土曜日の夜間特別延長。会場はとても混雑していると聞いていたが、土曜の夜ということでガラガラ。どの作品もほぼ独り占め!休息もし放題!!存分に楽しんできました♪(^_^)

ポストカード

国立新美術館01 国立新美術館02

今夜は六本木アートナイト☆
これに伴い、ルノワール展は22時まで開館延長。

六本木アートナイト☆彡(http://ryuu.blog.so-net.ne.jp/2010-03-28

到着したのは17時過ぎ。
20時半過ぎまでの約3時間、ルノワール展を鑑賞。
ルノワール展もちゃんと2回りしましたよ♪(^_^)

ちなみにアーティスト・ファイル展はこの日に限り無料でした!
時間が無いから観なかったけど。
国立新美術館03


ルノワール展公式サイト(http://renoir2010.com/
国立新美術館(http://www.nact.jp/

おでかけ記録(http://ryuu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-02

ルノワール展図録

ルノワール展図録

  • 出版社/メーカー: 読売新聞東京本社
  • メディア: おもちゃ&ホビー

1000Pジグソーパズル イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(ルノワール)

1000Pジグソーパズル イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(ルノワール)

  • 出版社/メーカー: キューティーズ
  • メディア: おもちゃ&ホビー

西洋絵画の巨匠 (4) ルノワール

西洋絵画の巨匠 (4) ルノワール

  • 作者: 賀川 恭子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 大型本

もっと知りたいルノワール―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたいルノワール―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

  • 作者: 島田 紀夫
  • 出版社/メーカー: 東京美術
  • 発売日: 2009/12
  • メディア: 単行本

ルノワール  ――光と色彩の画家  Kadokawa Art Selection (角川文庫)

ルノワール ――光と色彩の画家 Kadokawa Art Selection (角川文庫)

  • 作者: 賀川 恭子
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/01/23
  • メディア: 文庫


nice!(17)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 17

コメント 12

kuwachan

こんにちは。
りゅうさん、流石、凄いです!素晴らしいレビューですね。
このルノワール展は観に行かなかったのですが、
展示された絵、世界各国から集められていたのですね。
これだけのものが集まるってもう無いかもしれないくらいでしたね。
行っておけばよかった~残念なことをしました。
でも、りゅうさんのレビューのおかげで読んでいるうちに
観に行ったような気分になってきました。ルノワールの風景画や
静物画は記憶に残っているのがないのですが素敵ですね。

by kuwachan (2011-03-28 12:33) 

poyoyon

こんばんは!です
by poyoyon (2011-03-30 21:08) 

雅

なんか、最近りゅうさんのブログは開かないことが多いんですよねー。なんでだろ?
ルノアールの独特なタッチは好きなんですが、晩年は白内障を患ってた、ってのはホントなんでしょうか?
by (2011-03-30 21:13) 

ぽんこ

エルミタージュが来なくなったのは残念だね。
by ぽんこ (2011-04-02 13:54) 

りゅう

○kuwachanさん、nice!&コメントありがとうございます(^o^)丿
1年たってしまいました・・・(^_^;)
ポーラ美術館の作品を中心に、質の高い作品が各地から集められた
とても興味深い展覧会でした。
しかもスカスカの展示室でどっぷりと浸ってきましたよ♪(^_^)/

○poyoyonさん、nice!&コメントありがとうございます(^o^)丿
こんばんは♪
上野公園の桜が咲き始めたようです。
上野動物園のパンダも公開が始まりましたよ♪(^_^)

○雅さん、nice!&コメントありがとうございます(^o^)丿
サイドバーにいろいろ貼っつけてるからですかね。
まぁ、曽根風呂が節電中ということにしておきましょう♪(≧▽≦)b
晩年のルノワールはリウマチを患っておりました。
親友のクロード・モネは晩年白内障の手術をしています。モネが白内障を患い視力を失いつつある状況で描いた作品はこちらに載せてあります。
http://ryuu.blog.so-net.ne.jp/2007-04-30

○ぽんこさん、nice!&コメントありがとうございます(^o^)丿
ルノワールのジャンヌ・サマリー嬢・・・(T_T)
横浜のプーシキン美術館展、開催見合わせになっちゃいましたね。
さすが火事場泥棒がお得意のロシア、
震災直後に戦闘機を飛ばしてきただけのことはあります。\(`o'") コラーッ
広島や山梨の展覧会、フランスもストップをかけてきましたね。
この先、どうなっちゃうんだろう。。。
あぁ、フェルメール。。。

○thisisajinさん、nice!ありがとうございます(^o^)丿

○miyokoさん、nice!ありがとうございます(^o^)丿

○りんこうさん、nice!ありがとうございます(^o^)丿

○マチャさん、はじめまして。nice!ありがとうございます(^o^)丿

○にいなさん、nice!ありがとうございます(^o^)丿

○TaekoLovesParisさん、nice!ありがとうございます(^o^)丿

○pistacciさん、nice!ありがとうございます(^o^)丿
by りゅう (2011-04-03 00:36) 

kumimin

ルノワールが描く女性は肉感的な感じのムチムチさんのイメージなんだけどいやらしくないのは芸術性なんでしょうね(^^)
海外の美術品もしばらく見られないかなあ?日本が世界で孤立しちゃいそう(/_;)

昨夜も大きな余震あったし。りゅうさん、大丈夫でしたか?
by kumimin (2011-04-08 11:40) 

りゅう

○kumiminさん、コメントありがとうございます(^o^)丿
ホントいやらしさが感じられないですよね。
ルノワールのあったかい眼差しが伝わってきます♪(^_^)
先日の夜の地震の時、お風呂に入っていました。
湯舟が舟のように・・・(/ー\*) イヤン♪

○(。・_・。)2kさん、はじめまして。nice!ありがとうございます(^o^)丿
by りゅう (2011-04-09 21:33) 

ミカチ

昨年私も観に行きました。
見終わってから、あれ?もう終わり?と少々物足りなさを感じてしまった記憶があります^^;
次はワシントンナショナルギャラリー展ですね。楽しみです。
by ミカチ (2011-04-10 17:52) 

りゅう

○ミカチさん、nice!&コメントありがとうございます(^o^)丿
1年経っちゃいました・・・(^_^;)
ルノワールの作品は全体的に穏やかで優しいものが多くてインパクトのあるものが少ないせいか、回顧展となると、あっさりとしたものになるのかもしれませんね。
観たことのあるものも多かったのですが、
お気に入りの作品に再会でき、楽しかったです♪ヾ( ̄ー ̄)ゞ
ワシントンナショナルギャラリー展、
無事に開催されることを祈りましょう♪(^_^)
by りゅう (2011-04-11 23:11) 

りゅう

○いっぷくさん、nice!ありがとうございます(^o^)丿
by りゅう (2011-04-11 23:12) 

りゅう

○laysyさん、nice!ありがとうございます(^o^)丿

○himakkoさん、nice!ありがとうございます(^o^)丿

by りゅう (2011-04-27 00:54) 

りゅう

○yukitanさん、nice!ありがとうございます(^o^)丿
by りゅう (2011-05-28 16:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0